FC2ブログ

プロフィール

岡大短歌会

Author:岡大短歌会
2012年に発足した岡山大学公認サークルです。活動予定などのお問い合わせはTwitter(@okatan2012)まで。


訪問者のみなさま


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


みなさん、こんばんは!

おかたん、第三回を無事開催できました!
学校で歌会ができるという幸せ、日々かみしめております。

今回は会員4名に加え、

岡大生、しかもなんと哲学科から4年生が2名加わってくださり、

参加者6名、詠草6首でスタート。

プラトンとかいうことばも批評に飛び出しちゃったりしました。



一つ目の大きなポイントは、哲学科のお二人が加わったことにより、

漢語が多く使われた短歌が登場したこと。

「海馬」「叱咤」「溶鉄」「血汐」

などなど。

口語・文語の区別は難しいところがありますが、

いままでのおかたんはどちらかと言えば口語調の歌が多く、

漢語を積極的に使う姿勢は、とても新鮮に感じられました。


二つ目は、完全なる自戒なのですが、

作中主体をはっきりさせることの大切さ。。。をしみじみと感じました。

基本的に「一人称」の文学とされている短歌、

短歌を詠んでいる「わたし」が何者なのか(人間でないものになりきってることもあります)

読者にきちんと受け取ってもらえるようにせねば!!

と反省しきりです。



そしてそして、
今回の一番大切なお知らせ!


哲学科のお二人がおかたんに入会してくださったことにより、


岡山大学短歌会、会員が6名になりましたヽ(^o^)丿

すばらしいことで、本当に感謝感謝です!!!




が、しかし!

現会員6名のうち、4年生が4名・・・
存続の危機は変わっておらず、です。

新たなる学生会員を引き続き大・大・大募集してます!

では
今回はこの辺で失礼いたします♪






スポンサーサイト



歌会でした

おかたん第二回

参加者はまさかの9名。ありがとうございます!初期メンバー3人に加え、4年生が3人、3年生が1人、留学生が2人。超絶グローバル。

詠草そのものは5首でありましたが、評はみんなでつける形で進みました。
しっかり歌と向き合い、ひとつひとつ丁寧にみれたんじゃないかという印象です。
言葉ひとつのイメージの大きさ、幅の問題や助詞の効果まで話ができとても充実していたように感じます。

今回初めてきてくださった方々からチラシなどのアドバイスをいただき、しっかり呼びかけしていきたいと改めて思った次第であります。
やっぱり短歌やってないっていう方々から意見って大切で、その視点を反映できたのはかなり大きいですよね。




ここで報告です!
おかたん、4人になりました!(拍手!)
3年生の方が入会してくださり、女4人となりました!



4年生がふたり、岡山から遠いところに行くと決まっていて、2年生上本はくよくよしていました。「1であって0でない意味は大きいよ」と声をかけていただきうるっとしてた矢先、入会です!この4人となったおかたん、また頑張っていくのでよろしくお願いします。ホント、4年生偉大、いまのうちにしっかりしたいです。

以上、長くなりましたが、第二回歌会報告でした!

(上本)

 | ホーム |