FC2ブログ

プロフィール

岡大短歌会

Author:岡大短歌会
2012年に発足した岡山大学公認サークルです。活動予定などのお問い合わせはTwitter(@okatan2012)まで。


訪問者のみなさま


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


東北地方も梅雨入りしたようですね。
岡山も最近ジメジメする日が多いです(´・ω・`)

でも、梅雨ももうすぐ終わり!夏がやってきます!
夏といえば海、スイカ、花火、そして浴衣

という訳で来週末、おかたんでは浴衣歌会を行います!
浴衣を着て短歌を詠んで、雅に夏のスタートを切りましょう!

日時:7月4日(土) 13:00~
場所:岡山大学中央図書館
内容:浴衣を着用しての歌会
詠草:自由詠一首


当日は浴衣をお持ちいただければ、こちらで着付けをいたします。
もちろん浴衣以外での参加もOK!

興味のある方はこちらのコメント欄、メールフォーム、おかたんメール、おかたんTwitter(@okatan2012)などからお気軽にお声かけください。
皆様のご参加をお待ちしています!

(藤原)
スポンサーサイト



本日は岡大図書館で第3回歌会を行いました。
参加者はおかたんメンバー4名に、外部からの参加者の方が4名。うち1名は詠草なしで評のみの参加となりました。

詠草は自由詠一首。
以下、掲載許可を頂いた歌を紹介します。

為政者よ待て 我が首の紫が貴君の喉に咲き乱れる日を   藤岡由依

新居にて床にこぼれるカーテンの色彩、君と迎えた朝の     藤原奏

我思う故に我あり雨粒は絶えずウインカー越しの哲学     森永理恵

「群青」の群れなす青を絡めとる小指に流れ着く夜の風     山田成海

(順不同、敬称略)

今回はやや抽象的な歌が多かったせいか、評がとても盛り上がりました!
外部から参加した4名のみなさんも積極的に発言してくださり、手元の詠草はメモで真っ黒です(笑)

今回は担当者にとっては司会初体験だったのですが、皆さん楽しんでくださったようでほっとしています。
司会だから見えてくるものも多く、もちろん私も楽しませていただきました。

さて、次回は7月4日、図書館で浴衣歌会を行います!
もうすぐ梅雨明け。歌会でも浴衣を着て夏を満喫しましょう!
詳細はメール、Twitter、こちらのコメント欄にお気軽にお尋ねください(*・ω・)
皆さんの参加をお待ちしています!

(藤原)
来週、第3回歌会を行います。

日時:6月25日(木) 18:00~
場所:岡山大学中央図書館
内容:通常歌会
詠草:自由詠一首


※日時に誤りがあった為、修正しました。すいません!

今回はブログ担当者が初司会ということでどきどきしています。
興味のある方はこちらのメールフォーム、コメント欄、おかたんメール、おかたんTwitter(@okatan2012)などからお気軽にお問い合わせください。
みなさんのご参加をお待ちしています!

さらに!
7月4日には浴衣歌会を計画しています!
自分で着られない人も大丈夫!こちらで着付けを行いますよ(*^^*
詳細は上記のお問い合わせ先の他、後日こちらのブログでもお伝えします!お楽しみに!

(藤原)
本日は歌人の大森静佳さんをお招きして、第2回歌会を行いました。

参加者はおかたんメンバー4人、OG1人、一般参加5人、就実高校から1人に大森静佳さんを加えた12人。
岡山市民会館の会議室を借りて行いました。

詠草は自由詠一首。
以下、集まった12首のうち掲載許可をいただいた歌を紹介します。

ひとりとはふたりの事だ 折れた傘たちが私を見送っている       大黒智和子

実験の感覚で泣かせた君の笑窪ばかりに気を取られてる        大原里梨歌

訣別の夏日の空の青さにも染まらず白い骨だけが帰る          藤岡由衣

燃え尽きるものに願いをかけてゆく 散るより先に色褪せる薔薇     藤原奏

リングのつめたさをおまえは知るまい? 薬指のサタンはささやく    児島美桃

欲しいものといらないものの境目のきみのからだにピアスを開ける   山田成海

こぼれ散るチューインガムの玉に似て少女らは笑う春のからふる    穴水裕子

声は散る 過去の白さに散る そしてそののち胸につどう紫陽花    大森静佳

雨上がりわたし普通に生きるのねなぐさみに踏む地にゆれる星     勝瀬晴代

(順不同、敬称略)

今回は12人という大人数で、終始にぎやかに会は進みました。
これだけの人数となると、詠草にも言葉遊びや若者言葉を用いた歌や一字空けを効果的に使った歌など斬新なものがいくつもあり、通常歌会の時間内でサクサク読んでいくのが惜しいほどでした。

普段触れることのできない高校生のフレッシュな感性や理系ならではの視点に触れ、また1首ごとに大森さんから評をいただき、それぞれの読みを深めることができました。
歌会後の懇親会でも終電や終バスの直前まで楽しく語らいました。

次回の歌会は6月25日に行います。
興味のある方はお気軽にお声かけください!

(藤原)

 | ホーム |