FC2ブログ

プロフィール

岡大短歌会

Author:岡大短歌会
2012年に発足した岡山大学公認サークルです。活動予定などのお問い合わせはTwitter(@okatan2012)まで。


訪問者のみなさま


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


どうも、おかたんブログ老害の藤原です。
先日、おかたんグループLINEで「名誉ブログ大臣」という謎の称号をもらいました。
名誉ブログ大臣ってなんぞ。

さてさて、去る7月28日に高松市の「本屋ルヌガンガ」さんで、おかたんでもお世話になっている塔短歌会の大橋春人さん主催のイベント「『水中翼船炎上中』読書会」が開催されました。
大注目の穂村弘さんの17年ぶりの新歌集の読書会。
おかたんから加瀬と藤原が参加してきましたので、今日はその参加レポを。
※会話はうろ覚えで書かせていただいております。

読書会の前には、未来短歌会の田丸まひるさん主催の朗読会。
最初にお手本?的に田丸さんがプログラム外の朗読をしてくださったのですが、溜めとかがもう情感たっぷり。
大橋さん「いきなりハードルが上がった!」
田丸さん「いやいやそんなことないです(笑)」
……確かにハードル上がりましたよ!

その後もそれぞれBGMを用意されていたり、短歌以外の詩や歌詞なんかの朗読も。
読んだことのない作品を聞けるのも楽しいですし、詩のリズムを感じられるのも良かった。
おかたんからもオープンマイクで加瀬が朗読させていただきました。
私も一緒にやるか聞かれたのですが、加瀬を売りました。すまん。
朗読させていただいた「岡大短歌6」、会場内でもお買い求めいただいて嬉しかったです!
(8首連作を読んでいただければ私が朗読を渋った理由がわかると思います)

その後は輪になって読書会です。
表紙のデザインが9種類ある、とのことでそれぞれの持ってる表紙を比べてみたり、本作に挟まっている「メモ」の内容について話したり、内容面以外でも大盛り上がり。
初めて歌集を読んだ、という方から、長年短歌を詠んでいる方まで、たくさんの意見が聞けました。
特に「ストーリー性」、「子ども時代の歌と見せかけて、ふと大人の目線が出てきて怖い部分もある」という話題が盛り上がったかな。
夜7時半から9時まで、長いと思っていましたが、あっという間でした。

いやー楽しかった。
というか短歌に興味のある人が集まって歌集の話をしてるってだけでも楽しい。
閉会後もお喋りしすぎて、藤原は見事に終電を逃しました。
(深夜運行のバスでちゃんと帰宅しました)

おかたんでもこういう事ができたらいいなぁ。
という訳で、OBOGか現役生の皆さん、誰か歌集出してください(無茶)。

(藤原)
スポンサーサイト



こんにちは、今年から入ったM2の田中です(´∀`)
梅雨があけて、からっとした日ざしに、蝉の鳴き声が映えるようになってきましたね~。夏の到来というかんじです……! 食べて寝て、勉強して遊んで、最高の夏にしたいですねえ~🍉🍧

さてさて、本日は、大切なお知らせがあります!


このたび『岡大短歌』6号を発行いたしましたー!

↓↓気になる目次はこんなかんじ!!

□作品――連作八首――
風と待つ 青木千夏
貝殻を拾う 川上まなみ
風の午後 白水裕子
to remain 長谷川麟
三月三十二日から 平尾周汰
鳥影と知る 加瀬はる
[ニュース一覧をクリック] 藤原奏
月白 水嶋晴菜
ふりだし 大原里梨歌
すてたい翼 福田悠陽
廻る夏 古川ゆき
業務用ブラックホール 村上航

□一首評
光森裕樹一首評 青木千夏
前田康子一首評 川上まなみ
染野太朗一首評 白水裕子
穂村弘一首評 平尾周汰
中山俊一一首評 大原里梨歌
東直子一首評 古川ゆき

□書評
岡崎裕美子『わたくしが樹木であれば』書評 川上まなみ
佐藤真由美『プライベート 仕事・恋愛・好き・嫌い ――悲しいのはなんでかな』書評 福田悠陽

□二十首連作
オーバーフェンス 長谷川麟
カタバミを摘む 加瀬はる
目的は、ない 藤原奏
蓋 水嶋晴菜
エンドロールの5番目より 村上航

□連作・評
止まない拍手 川上まなみ
川上まなみ・評 荻原裕幸・松村正直
さくら祭り 白水裕子
白水裕子・評 中津昌子・松村正直
楡の根 加瀬はる
加瀬はる・評 荻原裕幸・中津昌子

□特別寄稿
荻原裕幸
中津昌子
松村正直

□会員紹介・編集後記

□連作・評では、荻原裕幸さん、中津昌子さん、松村正直さんにご協力をいただきました。この場をお借りして、御礼申し上げます。

……と、いうことで! ぜひぜひみなさま、見どころいっぱいの『岡大短歌』6号を、お手に取って見てみてください✨
本日より通販を400円(送料別)で開始いたします。通販のお申込みは、Gmail(okadai.tanka.2012@gmail.com )か、TwitterのDMで承っております。
また、今回は、ためし読みのネットプリントを発行する予定です。またTwitterで告知させていただきますので、ご購入を迷われている方は、ぜひ見てみてくださいね!


 | ホーム |